仲介手数料無料不動産の購入で経費を削減! TOP

不動産業界は、開発分譲業、流通業、賃貸業、管理業の4つの業種に分かれています。
開発分譲業とは、不動産仲介業者が自社開発した物件を、直接販売することです。
賃貸業とは、不動産仲介業者が所有する不動産を貸付けることです。
管理業とは、人が使用している不動産の管理を行うことです。
最後に、流通業とは、不動産売買を仲介し、売り手や買い手の意見を聞きいれ、話し合いながら商談を成立させることを目指すことで、一般にこの流通業の部分を「不動産仲介業」といいます。
不動産仲介業は、不動産取引においては仲人的な役割を果たし、不動産物件を売りたい、または貸したい人と、買いたい、または借りたい人との間の窓口となります。
不動産仲介業の担当者は、顧客の募集、契約から引渡まで、一連の業務を行います。

そのため、不動産仲介業者は不動産取引についてのさまざまな専門知識、不動産の価格、賃料の相場の変動、現在どのような不動産物件が流通しているのか、地域の情報などに、精通していることが必要となります。

また、お客さまが安心して不動産の購入や賃貸契約を決断できるように、的確なアドバイスができる能力も持ち合わせていなければなりません。これは、不動産仲介で最も大切なことなのです。


不動産仲介手数料のしくみ

不動産を売買したり、家を借りた時には、不動産業者に仲介手数料を支払います。

その金額はどのくらいになるのかというと、不動産の売買の場合、物件の価格の3%に6万円を加えた金額です。
例えば3000万円の中古の一戸建てを購入した場合、仲介手数料は
3000万円×3%+6万円=96万円 になります。
かなりの額だと思いませんか?
ちなみに、賃貸マンションの場合、家賃1ヶ月から1.5か月分となっているところが多いです。

以下に、仲介手数料の仕組みについてざっと紹介したいと思います。

不動産業者の収入減の主なものは仲介手数料です。
仲介業者は家の売買が成立すると、買主から仲介手数料を取ります
不動産の売買にその不動産業者1社のみしか仲介に入らない場合、売主からも手数料を取ることができます。
この場合、1社のみで売主と買主両方の仲介を行うので、業界では「両手間」と呼ばれています。

もし、売主と買主の間に仲介業者が2社以上入っている場合、例えば売主側と買主側の仲介業者が別である場合、売主と買主の両方から仲介手数料をもらうことはできません。
このことは「片手間」または「分かれ」といいます。

不動産売買取引の仲介手数料はこのようなしくみになっています。


仲介手数料が無料になる仕組み

不動産の仲介手数料は結構な金額でお客様にはかなりの負担になっているはずです。

しかし、近年は仲介手数料が無料の不動産会社も多くなっています。
これまでバカ高かった仲介手数料が無料になるというのは、何かカラクリがあるのではないかと逆に心配する方もいるようですが、仲介手数料無料となってもお客さまにリスクはありません。

不動産業者は仲介手数料で成り立っているので、仲介手数料をゼロにしたのでは会社が成り立ちません。それではなぜ仲介手数料を無料にできるのでしょうか。
不動産売買取引は、売主と買主が存在することで成立します。つまり、売主と買主、どちらかから仲介手数料をもらえれば、もう片方の手数料を無料にしても成り立つのです。

従来、不動産仲介について、手数料無料はあり得なかったので、多くの不動産会社では、仲介手数料をもらう体制になっていましたが、現在は、仲介手数料を取る会社と無料の会社が存在します。

仲介手数料が無料の会社で家を購入することで、数十万あるいは100万単位の仲介手数料を節約することができます。
ここでは不動産仲介手数料が無料になる仕組みとおすすめの仲介手数料無料の不動産会社を紹介していきます。
皆様が無駄なお金を支払わずに良い物件が購入できるようサポートしていきたいと思います。


トップページへ